大豆レシチン

和食でよく取り入れられる豆腐は、ダイエットの強い味方となる食材です。
筋肉を作る際に必要な「タンパク質」を豊富に含んでいるのはご存じの方が多いと思います。それだけでなく、豆腐に含まれている「大豆レシチン」は脂肪を減らす働きをします。また「大豆サポニン」は中性脂肪を下げてくれます。それ以外にも、新陳代謝を上げる「ビタミンB群」、便秘を解消する「大豆オリゴ糖」、脂肪燃焼の手助けをする「鉄分」、そして適度な「植物性脂肪」など、ダイエットによい栄養素を沢山含んでいるのです。

 

また、和食でよく食べられる魚には「不飽和脂肪酸」が含まれています。コレステロールや中性脂肪を減少させる役目があります。脂肪の一種ではありますが、肥満の原因になるものではありません。
それだけでなく、イワシやサバなどの青魚には、DHAやEPAが豊富に含まれています。これらは血液をサラサラにする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞等の生活習慣病を予防してくれます。

 

逆に、洋食でよく取り入れられる豚肉や牛肉には「飽和脂肪酸」が含まれています。ラードや牛脂等の、白く固まりやすい脂をイメージして頂ければと思います。こちらは肥満の原因になる脂肪ですので、摂り過ぎは厳禁なのです。

 

以上のことから分かるように、和食はローカロリーなだけでなく、健康的な食材が使用されているため、ダイエットに向いているのです。和食を食べる事で健康的に痩せることができますので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。