寝る直前の食事はダイエットには禁物

寝る直前の食事はダイエットには禁物

 

痩せたいと少しでも思っているなら、寝る直前にご飯を食べるのは絶対に辞めましょう。
寝る直前に食べたものは、どんなものだとしても全てが脂肪になって蓄積すると考えても差し支えありません。
なぜかと言うと、食事で取り入れた栄養素全て、寝ている間に脂肪に変換してしまうためです。
朝ごはんやお昼ごはんのように、食べた後に寝ずに何らかの活動をしているならしっかり消化して行くので大丈夫ですが、寝るという事は一切の活動をしないため、脂肪になるのです。
さらに、脂肪にするべく内蔵が動き続けるため、熟睡できたという感覚にはなりにくいのもデメリットです。
その上脂肪を消費するために血糖値を上げようと食欲を刺激するので、おそらく甘いお菓子や脂っこい物を食べたくなるはずです。
そうなると高カロリーな物を日常的に食べてしまう可能性もあります。これではダイエットなど到底不可能ですよね。
もっと言えば、ダイエット中の夕食も、脂っこい物ではなく消化の良い軽い物にするのがベストです。
そして栄養を考えながら朝ごはんとお昼ごはんをしっかりと食べるようにしたら、効率よくカロリーが燃やせて、余分な脂肪も徐々に減っていくと思います。
とにかく毎日の食事のバランスを考えて、寝る直前の夕食だけは控えるようにするのが大事です。